カラダの本質・仕組みを理解している人は、

“食べても絶対に太らない(脂肪にならない)食事法”が存在することを知っています。

『怪しい』『そんな方法ある訳ない』と思われるかもしれません。

私も以前はそう思っていました。

しかし、脂肪燃焼の仕組みを分子レベルで理解するとそれが本当に存在することに気づきました。

太らないというより、太るわけがないのです。

ちなみに、カロリー制限や極端な糖質制限などのお話ではありません。

お米もお肉もお魚も野菜も食べてOKです。

ポイントは、

“何を食べるとどういう仕組みで脂肪に変わるのか”

“脂肪に変わるものをどれくらい食べると今のあなたのカラダに脂肪が蓄積されるのか”

この2つを知っておけば、あなたは自在にカラダの体脂肪量をコントロールすることができるようになります。

たまに外食でお腹いっぱい食べてしまっても、デザートに特大のパフェを食べてしまっても何の問題もありません。

頑張って手に入れた理想のカラダ。

5年先、10年先もお客様ご自身で維持・管理していただけるように、常に先を見据えたアドバイス・知識の提供を心掛けています。

世間の常識とは違う食事のアドバイスはこちら

食事で落とすのは体重ではなく体脂肪はこちら